KITSUNE MAISON 11に収録や、EPにも収録された”PYRAMID”により一躍シーンの話題となったNIGHTBOX(ナイトボックス)が遂に新作”The Panic Sequence”をリリース!すでにweb公開された”BURNING”を始め、ハイブリッドかつバウンスなNIGHTBOXサウンドがさらに洗練された全5曲収録!
今、ライヴ会場を最も楽しく輝かせるバンド、NIGHTBOXが遂に帰って来た!!!

Infomation

Artist : NIGHTBOX ナイトボックス
Title : The Panic Sequence パニック・シークエンス
23rd April 2014
MGNF-1006 M/A/G/N/I/P/H
税抜定価 ¥1,200円 (+ TAX)

 

Track List & recording info

  • 1, バーニング/BURNING
  • 2, パニック・シークエンス/The Panic Sequence
  • 3, イン・ザ・ルーラル/In The Rural
  • 4, ワンダーワールズ/Wonderworlds
  • 5, ウオッシュ/Wash
  •  
    Mixed by Gus Oberg (The Strokes, ALbert Hammond Jr他)
    Produced by NIGHTBOX & AL-P(MSTRKRFT)

     

    member

    ジェイコブ・ビトーヴ/Jacob Bitove(Vo)
    ニコラス・ビトーヴ/Nicolas Bitove (Percussion)
    ジェイムス・テビット/James Tebbitt (Guitars, Backing Vocals)
    ジェイムス・シェリー/James Shelly (Synthesizers, Backing Vocals)
    アンドリュー・キーズ/Andrew Keyes (Bass)

     

    Bio

      人気シリーズ”KITSUNE MAISON”に収録され、またEPとしてもリリースされた”PYRAMID”で一躍シーンの注目を集め、その活動に大きな期待を集めるナイトボックスの新作EPが遂に完成!ミックスはザ・ストロークスの諸作で知られるGus Obergが担当。そのサウンドが放つ色彩はより陰影を増し、2014年型ナイトボックスのサウンドが完成した。

      2009年にNIGHTBOXとして地元アイルランドで活動を開始。すぐにOXGENなどの大型フェスに抜擢されるなど注目を集める。2010年にそれぞれ学校を卒業すると、カナダのトロントに活動拠点を遷し、2011年に”NIGHTBOX”でデビュー。UKプレスでの絶賛を受け、レディング・フェスを始めとするフェスティヴァルにも抜擢。TWO DOOR CINEMA CLUBなどとも並べ評される「期待のNEW ACT」として評価を固めた。今作”パニック・シークエンス/The Panic Sequence”はそれに続く新作となる。プロデュースはバンドと、共同プロデューサーとしてMSTRKRFTのAL-Pが参加。ミックスはザ・ストロークスの諸作でも知られるGus Obergが担当している。今作にはすでにウェブサイトなどで公開されている”BURNING”をはじめ全5曲を収録予定となっている。

      バンドはジェイコブ・ビトーヴ/Jacob Bitove(Vo)とニコラス・ビトーヴ/Nicolas Bitove (Percussion)の兄弟を中心に、ジェイムス・テビット/James Tebbitt (Guitars, Backing Vocals)、ジェイムス・シェリー/James Shelly (Synthesizers, Backing Vocals),そしてアンドリュー・キーズ/Andrew Keyes (Bass) のアイルランド出身の5人組。現在はトロントを拠点に活動を続ける。