溢れでるロックの核心!
汲めども尽きぬロックンロールの情熱!
すべてのロックンロール・バンドの指標であり、最高のクリエイターであるガイデッド・バイ・ヴォイシズ Guided By Voicesが新作”クール・プラネットCool Planet”を、前作からわずか3ヶ月で発売!
2010年の再結成から早くも6枚目、通算22枚目となる新作“Cool Planet”が5月21日に日本発売決定!!7インチのみでリリースされたB-side曲をボーナス・トラックとして4曲追加収録!
そして今年2月にリリースされた21枚目のアルバム”モティヴェイショナル・ジャンプスーツ/Motivational Jumpsuit” (MGNF-1007 )も同時発売!!

Infomation

Artist : Guided by Voices ガイデッド・バイ・ヴォイシズ
Title : Cool Planet
21st May 2014
MGNF-1008 M/A/G/N/I/P/H
税抜定価 ¥2,200円 (+ TAX)

 

Track List & recording info

  • 1. オーソリタリアン・ズー Authoritarian Zoo
  • 2. ファスト・クロール Fast Crawl
  • 3. サイコティック・クラッシュ Psychotic Crush
  • 4. コスチューム・メイクス・ザ・マン Costume Makes the Man
  • 5. ハット・オブ・フレイムス Hat of Flames
  • 6. ジーズ・ドゥームス These Dooms
  • 7. テープル・アット・フールズ・トゥース Table at Fool’s Tooth
  • 8.オール・アメリカン・ボーイ  All American Boy
  • 9. ユー・ゲット・エヴリィ・ゲーム You Get Every Game
  • 10. パン・スウィマー Pan Swimmer
  • 11. ザ・ボーン・チャーチ The Bone Church
  • 12. バッド・ラヴ・イージー・トゥ・ドゥ Bad Love is Easy to Do
  • 13. ザ・ノー・ダブスターズ The No Doubters
  • 14. ナレーテッド・バイ・ポール Narrated By Paul
  • 15. クリーム・オブ・ラング Cream of Lung
  • 16. メイルズ・オブ・ウォームウッド・マーズ Males of Wormwood Mars
  • 17. チケット・トゥ・ハイド Ticket to Hide
  • 18. クール・プラネット Cool Planet
  • bonus tracks
  • 19. クール・プラネット・テーマ Cool Planet Theme (B-side from ‘Authoritarian Zoo’ single) – written by Kevin March
  • 20.ア・イヤー・ザット・クッド・ハヴ・ビーンワース  A Year That Could Have Been Worse (B-side from ‘Males of Wormwood Mars’ single) – written by Robert Pollard
  • 21.ピロウ・マン  Pillow Man (B-side from ‘Table at Fool’s Tooth’ single) – written by Tobin Sprout
  • 22. アイソア・ワイヴズ Eyesore Wives (B-side from ‘All American Boy’ single) – written by Robert Pollard and Mitch Mitchell
  •  

    member

    ロバート・ポラード Robert Pollard – vocals, guitar
    トビン・スプラウト Tobin Sprout – guitar, vocals
    ミッチ・ミッチェル Mitch Mitchell – guitar
    グレッグ・デモス Greg Demos – bass
    ケヴィン・マーチ Kevin March – drums

     

    Bio

      1983年、バンドの中心であるロバート・ポラードを中心に活動開始。1987年に1stアルバムとなる”Devil Between My Toes”をリリース。それから2004年に活動を休止するまで16枚のアルバムをリリース。またメンバーのソロ・プロジェクトも含めて膨大な数の作品を発表する、モンスター・バンド。また発表される楽曲はどれも短いながらも美しいメロディ、極上のロック・マナーを備えた演奏とロックバンドの教科書と言える内容で、多くのロック・アクトから多大な尊敬と支持をあつめている。2004年の解散後もロバート・ポラードのソロ活動などは続いていたものの、2010年に活動を再開。2012年にはGuided by Voicesとして17枚目、8年振りの新作”Let’s Go Eat The Factory”を発表。その後はアルバムを年に2枚ペースで作品を発表し続けており、溢れ出る創作意欲と、ロックンロールへの情熱は尽きることなく、結成31年目にして益々旺盛な活動を繰り広げている。