世界が注目するフォークトロニカ、tigerMosが遂にアルバム・リリース!!
フォークロア+エレクトロニカ。。。ハイクオリティなライヴと、揺るぎない感性が高く評価されてきた、
プリミティヴなうたと電子音の有機的な融合、tigerMosの待望のデビューアルバムがM/A/G/N/I/P/Hより発売決定!!!

Title; TIGERMOS
Artist; tigerMos
税抜定価 2,200円 (税込定価2,376円)
2015.6.17 on sale
MGNF-1030 (POS;4571339400565)

Track List
1, HolyRover / 2, Phone Call / 3, Santamonica / 4, Brute / 5, Tigeress / 6, Flaaat / 7, awabi / 8, Bison / 9, tetete / 10, 2step / 11, untouchable / 12, MM / 13, Pass


Biography

tigerMos are
イケダユウスケ
荒木正比呂

広島の地で幼少期よりビートルズとサイモン&ガーファンクルを聞いて育ったVo. イケダユウスケ。20歳の時に渡米し、アメリカ・ジョージア州の大学でREMIZEROのメンバーらと結成したバンドRejaのアルバム「Reja」をUSでインディ・リリースするなどの活動を行う。帰国後、東京でLEGO WORKS、hydrant house purport rife on sleepyなどの音楽活動を経て名古屋へ移住。
 2012年、fredricson名義で活動するトラックメイカー/CM系コンポーザーであり、バンド・レミ街のメンバーでもある key. 荒木正比呂に声を掛けた事がきっかけでtigerMosを結成した。
 ロック、フォーク、エレクトロニカなどのお互いのルーツを食欲旺盛に盛り込み、全曲を共同で制作。国境を感じさせない完成度の高い音楽性がSoundCloud、Youtubeなどの発信をきっかけに国内外から注目を集め、活動開始から間もなくU.Kクラブシーンの重鎮Underworldの元メンバーDarren EmersonやU.SインディーロックバンドOf Montreal、堂珍嘉邦、Ametsubなどとの共演を果たし、UMBROのWebCMの楽曲を担当している。
約20万回の再生回数を記録しているkodak SP360のCMにも楽曲提供。海外からも多くのリアクションを得るなど、インターナショナルな評価を得ている。

KODAK Sp360 CM~ https://youtu.be/dItRHmvbSjI

ライブでは信頼の置ける腕利きのサポート・メンバーによるバンド編成にてジャンルを問わず多種多様なイベントに出演している。

アルバム”TIGERMOS”について〜メンバーによる制作録

この国に無かった音楽をつくりたいと思いました。
このアルバムを制作するにあたって、互いの意見の間を取って解決するような事はほぼ無く、子供の頃からビートルズとガーファンクルを聞きすぎて英語を話せる様にまでなったイケダユウスケに根深く在るトラッドミュージックには簡単には触れず、電子音マニアの荒木によるエレクトリック・ミュージックのセンスは安易に「歌モノ」に歩み寄りはせず、互いに尊重して2つの根っこを残したものが奇跡的によくマッチングし、自分たちもこれまで聴いた事が無い物が出来てるのを感じました。

(ちなみにイケダはエレクトリックも大好き、荒木も普段買うCDはほとんどフォークミュージックなのですが。)

そのバランスを発見してからの曲作りは早く、取り憑かれた様に音楽の話を日夜くりかえし、作り始めた2014年の夏の間にアルバムのほとんどの曲のデモは完成してました。

名古屋には平和公園という147ヘクタールに及ぶ住宅地に囲まれる広大な緑豊かな公園があって、2割程のリゾートスタジオRec等を除くとほとんどの曲はその公園の脇にある荒木の自宅で連日酒を酌み交わしながら録音されました。更にライヴにも参加してもらっているドラム、ベース、ギター、パーカッションにも、M-3、8、10、13で演奏してもらっています。

 聴き心地のいいフォークトロニカのようにエレクトリック・ミュージックに乗せるためのトラッド・ミュージックではなく、本物を理解している、またしようとしている人間同士が出会った新しいフォークロア・ミュージックが出来たと思います。

この国に無かった音楽を目指して作り始めたのですが、その混ざり方はとても日本的なバランスで、でもそれはこの世界にとって新しい音楽になったんではないかと思います。