アルバート・ハモンド・ジュニアの7年ぶり、待望の3rd アルバム“モメンタリー・マスターズ/Momentary Masters”発売決定!!
2007年2月の公演以来、8年ぶりとなるアルバート・ハモンド・ジュニア来日公演も大決定。
過去/未来、アルバート・ハモンド・ジュニアの選択した今。そして新章の幕開けとなる傑作3rdアルバム。

2001年にTHE STROKESとしてブレイク、2006年にメンバーの中で最初にリリースしたソロアルバムも高い評価を得るなど、その絶頂とも言えるキャリアの中でドラッグなど多くの問題を抱えたアルバートは、2008年のソロアルバム発表の後にリハビリを経て復活。ザ・ストロークスでの活動に加えて、ソロとしても精力的に活動を開始。2013年にEP”AHJ”を盟友ジュリアン・カサブランカスのレーベル、Cult Recordsからリリースすると、2014年6月からはNY州郊外にある自身のスタジオ”ONE WAY STUDIO”で、The Strokesの近作でもプロデューサーとしても活躍するガス・オバーグを迎えて、今作の制作を開始。7月29日に遂に日本発売されることが決定した。日本ではMAGNIPH、USではVagrantからのリリースとなる。
 カール・セーガンの著書“惑星へ”の中での一文から引用されたという、新作アルバムのタイトルは “モメンタリー・マスターズ/MOMENTARY MASTERS”。人類の歴史とこの広大な宇宙の、アイロニカルでユーモラスであり、刹那的であり、哲学でもあり、そしてクリエイティヴでもある対比こそが、アルバートが紆余曲折を経てたどり着いた、今の自分自身とその未来へのひとつの指針となっているタイトルだ。プロデューサーであり、親友でもあるGus Obergとバンドのメンバーたちと寝食を共にし、リラックスした環境で制作されたこの作品は全10曲。ようやく自分を取り戻し、そして新たな自分を発見するとともに音楽を制作する喜びに溢れた楽曲ばかり。アルバート・ハモンド・ジュニアのソロ・キャリアの第2章の幕開けとも言える傑作アルバムとなった。

<<プロデュース>>
Gus Oberg
<<メンバー>>
Guitarist; Hammarsing Kharhmar (Mon Khmer)
Guitarist; Mikey Hart (Bleachers)
Bassist; Jordan Brooks
Drummer; Jeremy Gustin (Delicate Steve, Marc Ribot)

Momentary Masters Track List
1. Born Slippy / ボーン・スリッピー

2. Power Hungry / パワー・ハングリー
3. Caught By My Shadow / コウト・バイ・マイ・シャドウ
4. Coming To Getcha / カミング・トゥ・ガッチャ
5. Losing Touch / ルージング・タッチ

6. Don’t Think Twice, It’s Alright / ドント・シンク・トゥワイス、イッツ・オールライト
7. Razors Edge / レイザ−ズ・エッジ
8. Touche’/ トゥーシェ
9. Drunched In Crumbs /ドランチド・イン・クラムス
10. Side Boob / サイド・ブーブ

アルバム予約はこちら!
*TOWER RECORDS
http://tower.jp/item/3925449/
*HMV
http://www.hmv.co.jp/product/detail/6478716
*amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B00ZESU38C

来日情報
東京 10月21日(水) 渋谷DUO MusicExchange
OPEN 18:30/ START 19:30
TICKET:オールスタンディング¥6,500(税込)別途1ドリンク ※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:6/27(土)  <問>クリエイティブマン 03-3499-6669
東京 10月22日(木) 原宿アストロホール
OPEN 18:30/ START 19:30
TICKET:オールスタンディング¥6,500(税込)別途1ドリンク ※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:6/27(土)   <問>クリエイティブマン 03-3499-6669