【ジ・オーディナリー・ボーイズ】最新アルバムが大絶賛の嵐のなか、9年ぶり待望の来日公演が「スペシャル・クラブ・ショウ」として12月に開催決定!!

 ブリット・ロックの代表的バンドとして、日本でも熱狂的なファン・ベースを築いたジ・オーディナリー・ボーイズ。10月3日には9年ぶり、通算4作目となるアルバム『ジ・オーディナリー・ボーイズ』をリリース。SNSなどでは傑作!と評され、ライヴを望む声が多く寄せられているなか、ついに待望の来日公演が「スペシャル・クラブ・ショウ」として2015年12月14日(月)、原宿アストロホールにて開催されることが決定した。
 オリジナル・メンバーに加え、元スペクトラルズのルイス・ジョーンズも参加し、新体制となった彼ら。実に9年ぶりとなる日本でのステージでは、デビュー当時と変わらないパンク魂、より鋭くエモーショナルになったバンド・サウンドを感じ、興奮と感動が止まらないはず!2015年最後の伝説の一夜、見逃し厳禁だ!!
 チケットは、10月31日より一般発売開始。

ジ・オーディナリー・ボーイズ
来日公演
12月14日(月) 原宿アストロホール
OPEN 18:00/ START 19:00
TICKET オールスタンディング¥6,500(税込/別途 1 ドリンク) ※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:10/31(土)
<問>クリエイティブマン 03-3499-6669

4thアルバム国内盤、大絶賛発売中!
『ジ・オーディナリー・ボーイズ/The Ordinary Boys』
レーベル:M/A/G/N/I/P/H
日本盤ボーナス・トラック3曲収録
日本盤オリジナル・カラー・ジャケット
品番:MGNF-1036 (4571339400640)
定価:2300円+税
収録曲より「Four Letter Word」MV
https://youtu.be/xlSACNAuSEY

デビュー前の時点から”新しい英国ロックのアイコン“として日本でも話題騒然となっていた、ジ・オーディナリー・ボーイズ。2003年に結成され、2004年にデビュー・アルバム” Over The Counter Culture”を発表。The Jamや当時のブリット・ポップ勢、Blurなどの影響の元、その英国流のスタイルで一躍シーンのアイコンとしての評価を獲得。シングル・ヒットとともに、ワールドワイドでの人気を獲得。2004と2005にはサマーソニックに2年連続で出演。2005年にセカンド・アルバムBrassbound(ブラスバウンド)を発表、翌年の2006年にはブリティッシュ・アンセムのメインアクトを務め、また3rdアルバムHow To Get Everything You Ever Wanted In Ten Easy Stepsを発表。幅広いファンベースを獲得するものの、バンドの音楽性、メンバー間の方向性の違いから2008年に解散する。2011年に再結成を果たし、ライヴ活動を中心にバンドの方向性を確認。新曲の制作を開始し、遂に2015年4thアルバムであり、セルフ・タイトルとなる”ジ・オーディナリー・ボーイズ”を10月2日(日本は10月3日)にリリース。1stアルバム発表時のオリジナル・メンバーに、ルイス・ジョーンズを新メンバーに加えた4人組の最強ラインナップで完全復活となった。