――――――――――――――――――――――――――――――――――
・Hostess Club Weekenderにヘッドライナーとして出演するピクシーズ、BONINGENをゲストに迎えた一夜限りのスペシャル単独公演が開催決定!
――――――――――――――――――――――――――――――――――
USグランジ/オルタナ・ムーブメントを牽引し、カート・コバーン(ニルヴァーナ)をはじめトム・ヨーク(レディオヘッド)、ボノ(U2)など様々なアーティストに影響を与えた伝説のバンド、ピクシーズ。2年半振りのニュー・アルバム『ヘッド・キャリア』が昨年9月にリリースされ、今年2月に開催されるHostess Club Weekenderにヘッドライナーとして出演することが決定するなどファンには嬉しいニュースが続いていますが、なんとこの度Hostess Club Weekender開催翌週に単独公演を開催することが決定!
元ア・パーフェクト・サークル~ズワンの女性ベーシスト、パズ・レンチャンティンを正ベーシストとして迎えた新生ピクシーズとしての単独公演は初となるだけに今まで以上にパワーアップしたパフォーマンスが期待できそう。

————————
ピクシーズ「Tenement Song」のミュージック・ビデオはこちら:https://youtu.be/-SLgXBLQA2M
————————
「Classic Masher」の試聴はこちら:https://youtu.be/ICbuoRbclQQ
————————
「Um Chagga Lagga」の試聴はこちら:https://youtu.be/-SLgXBLQA2M
————————
そしてこの一夜限りの特別な公演にスペシャル・ゲストとしてロンドンを拠点に活動する日本人男性4人組サイケデリックロックバンドBO NINGENの出演も決定!
2016年はフジロックへ出演、さらにプライマル・スクリーム、スーパー・ファーリー・アニマルズ、サヴェージズのサポートアクトを務めるなど世界中の各世代の大物アーティストが今最も注目するアクトとして高い評価を得ている彼らが遂にここ日本でピクシーズと同じステージを踏みます。
————————
BO NINGEN「Kizetsu no Uta」
https://youtu.be/LGHdyRDjZwg
————————
ロックファンにはたまらない組み合わせとなった本公演、チケットの発売は1月28日(土)!一般発売に先駆けて明日19日(木)からはHostess Entertainmentメルマガ・オフィシャルLINE登録者を対象としたチケット先行予約もスタートしますので公演詳細ページを要チェック!
————————
公演オフィシャルページはこちら:
http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20170227.html
————————

■公演情報
タイトル:Hostess Club Presents Pixies with BO NINGEN

日時/会場:
2017/2/27(月)EX THEATER ROPPONGI
Ticket:¥8,500(税込 / Standing)¥9,500(税込 / 指定席)
※1ドリンク別途
OPEN 18:00 /START 19:00

1月28日(土)よりチケット一般発売スタート!
<問>クリエイティブマン 03-3499-6669

公演オフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20170227.html

主催:Hostess Entertainment / Creativeman
制作・招聘:Creativeman
※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。

■リリース情報
アーティスト名:Pixies(ピクシーズ)
タイトル:Head Carrier(ヘッド・キャリア)
レーベル:Play It Again Sam / Hostess
品番:HSE-3624
発売日: 発売中!
価格:2,490円+税
※日本盤はボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ (大鷹俊一)付

<トラックリスト>
1. Head Carrier
2. Classic Masher
3. Baal’s Back
4. Might As Well Be Gone
5. Oona
6. Talent
7. Tenement Song
8. Bel Esprit
9. All I Think About Now
10. Um Chagga Lagga
11. Plaster Of Paris
12. All The Saints
13. Baals Back (Live)*
14. Um Chagga Lagga (Live)*
*ボーナストラック

※アルバム『ヘッド・キャリア』iTunes配信中!(高音質Mastered For iTunes仕様)
リンク:
https://itunes.apple.com/jp/album/head-carrier/id1127689082?app=itunes&ls=1&
at=11lwRX

■バイオグラフィー
・ピクシーズ
86年、アメリカのボストンで結成。USグランジ/オルタナ・ムーブメントを牽引し、その後のインディ・ロック・シーンに多大なる影響を与えた。1993年に解散を発表するも、04年に再結成し、同年のフジロックに参加するなど話題を呼んだ。14年4月、23年振りとなるニュー・アルバム『インディ・シンディ』をリリース、8月にはサマーソニックで来日を果たした。2016年9月、ニュー・アルバム『ヘッド・キャリア』をリリース。現在のライナップは、ブラック・フランシス(Vo)、パズ・レンチャンティン(B/Vo)、ジョーイ・サンティアゴ(G)、デイヴィッド・ラヴァリング(Dr)。
日本公式サイト:http://hostess.co.jp/pixies/

・BO NINGEN
ロンドンを拠点に活動する日本人男性4人組サイケデリックロックバンド。ロンドンのアートカレッジで出会い、結成。UKベースに活動しているにもかかわらず全曲日本語で構成された歌詞と、70年代サイケデリックを体現したような風貌、ヘビーサイケ、スペースロック、ノーウェイブ、クラウトロック、ベースミュージックの要素が混然一体となって押し寄せるグルーヴで人気を確立。これまでに3枚のフル・アルバムをリリースし、グラストンベリー、レディング、コーチェラ、フジロック、サマーソニックなど、世界各地の大型ロックフェスティヴァルにも出演を果たし、インターナショナルなロックバンドとして高く評価されている。2016年はフジロックへ出演、さらにプライマル・スクリーム、スーパー・ファーリー・アニマルズ、サヴェージズのサポートアクトを務めるなど世界中の各世代の大物アーティストが今、最も注目するアクトとして高い評価を獲得している。
公式サイト:http://boningen.info/