ロンドン在住、東京出身のソロアーティスト、Grimm Grimmが6月リリースの新アルバムから新曲「Ballad of Cell Membrane」のミュージック・ビデオを公開!
ロンドンを拠点に活躍し、カルト人気を誇ったサイケ・パンク・バンドScreaming Tea Partyの元フロントマンとして、ロンドン在住日本人アーティストの先駆けともなったSSWでありマルチ・インストゥルメンタリスト、Grimm Grimm。新アルバムを6月にリリースすることを発表し、既にアルバムから発表した「Still Smiling」と、ミスフィッツのカバー「Hybrid Moments」が英人気音楽マガジンCLASHのサイトにてプレミア公開され話題を呼んだのも記憶に新しい彼が、早くもアルバムから新曲をミュージックビデオとともに公開した。
オンラインマガジンFolk Radio上で公開された新曲「Ballad of Cell Membrane」は、ミニマルで美しいアレンジメントの中に空気を含んだようなサウンドの広がりが感じられるバラード曲。「細胞膜のバラード」というタイトルにもマッチした幻想的なビデオも美しい。

※新曲「Still Smiling」「Hybrid Moments」「Ballad of Cell Membrane」配信中&アルバム予約受付中!

http://smarturl.it/vkvy2i

2年半ぶりにMagniph / Hostessからリリースされる新アルバム『Cliffhanger』は、SF的な散文詩、呟くような歌唱法、全編にわたる憂いを帯びたメロディで構築された、エクスペリメンタル・ポップの怪作。USホラーパンクの先駆者、ミスフィッツのアコースティックカバー「Hybrid Moments」や、リトアニアのテルミン奏者クララ・ロックモアを彷彿とさせるミニマルでモノフォニックな「Shayou」等、強力な内容の全12曲。ゲストミュージシャンとして、シャーロット・マリアンヌ(ル・ヴォリューム・クールブ)、メイラー・ジョーンズ等が参加。ミックスはベルリン在住のミュージシャン / エンジニアのGoh Nakada、マスタリングはアビー・ロード・スタジオのクリスチャン・ライトが手掛けている。

“Cliffhanger​” “クリフハンガー”
by Grimm Grimm グリム・グリム
発売日 2018.06.20
品番 HSE-8046
レーベル MAGNIPH / Hostess
価格 2,800円+税
※日本先行発売、歌詞対訳付(予定)