Klan Aileenの新作アルバム”Milk”の制作ドキュメントCD”Milk Sessions”をMilk tour会場から販売いたします。
その”Milk Session”から”1st Take Is The Deepest”を先行公開しました。
そしていよいよ始まるMilk tourに向けたティーザー映像も公開!!ぜひMilk tour、ご来場ください!
==============

先日リリースされ、各所で高い評価を得ているKlan Aileenの新作アルバム”Milk”の制作ドキュメント音源集”Milk Sessions”を、
6/24からスタートするMilk tour会場から販売開始します。
内容はデモ音源、またツバメスタジオでのレコーディング・セッションからのアウトテイクなどをまとめたもの。
各所で大絶賛されている”Milk”の制作過程を克明に音源で追える内容になっています。

【商品情報】

“Milk Sessions” by Klan Aileen

1, 1st Take Is The Deepest 音源リンクはこちら→ https://youtu.be/YKq_8qN6rBo

2, 平坦
3, 遠ざかるものたち
4, Long
5, interlude Pt. 1
6, 水
7, Nomapi
8, Krush

予価:1500円(税込)
Klan Aileenのライヴ会場、MAGNIPH STOREにて販売予定

またいよいよ今月からスタートするMilk tourに向けたティーザー映像も公開!
撮影、編集はBO NINGENなど多くのアーティスト達から信頼を得るフォトグラファー、鳥居洋介氏によるものです。

リンクはこちら → https://youtu.be/kirgbBINr8c

今、各所で野火のように広がり大絶賛されているKlan Aileenの最新3rdアルバム”Milk”、そして話題のMilk tourにご期待ください。

【公演情報】
●タイトル:Hostess Club Presents Klan Aileen “Milk” Tour
アーティスト:Klan Aileen
日程/会場:
6月24日(日)愛知・名古屋spazio rita
Open 19:00 / Start 19:30

6月30日(土)京都・京都GATTACA
OPEN/START 18:00/18:30
ADV/DOOR ¥2,500/¥3,000 (+1 Drink)
Act: Klan Aileen/WOMAN/Lay bloodveins/the brownies
チケット予約はこちら:http://kyoto-gattaca.jp/contact/

7月1日(日)大阪・アメリカ村Clapper
Open 18:00 / Start 19:00

7月12日(木)東京・新代田Fever
Open 19:00 / Start 20:00

チケット:オールスタンディング3,500円(税込・1ドリンク別途)

★チケット情報: ticketboard、MAGNIPH公式サイト、イープラスにて絶賛チケット発売中!
公演オフィシャルページ:
http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20180624.html
制作・主催:イーノス
協力:MAGNIPH/ホステス・エンタテインメント

●タイトル:Hostess Club Presents Klan Aileen “9th Floor”
アーティスト:Klan Aileen
日程/会場:
6月18日(月)渋谷Milkyway
Open/Start:19:30/20:00
チケット:オールスタンディング3,000円(税込・1ドリンク別途)
★ticketboard、MAGNIPH公式サイト、イープラスにてチケット絶賛販売中!
公演オフィシャルページ:
http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20180618.html

制作・主催:イーノス
協力:MAGNIPH/ホステス・エンタテインメント

<注意事項>
※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。
※会場内・外で発生した事故・盗難について主催者・会場・アーティストは一切
責任を負いません。

Klan Aileen バイオ

Klan Aileen(クラン・アイリーン)は松山亮と竹山隆大の2人によるロック・バンド。音源制作の試行錯誤、数多くのライヴパフォーマンスによって、彼等は2人組を感じさせないステージでのダイナミズム、アンビエンス、強度を獲得してきた。その獲得した武器を持って、ミニマルなフォーマットのままに、ロックのカテゴライズ、可能性を押し広げ、価値を高めることに挑戦し続けている。その最新の成果がこの”Milk“だ。

今、ロックバンドが鳴らずべき音楽、音は何か、、、その試行錯誤の中で、今作”Milk”の指針となったのはススム・ヨコタ、Yves Tumor、 DJ Krush、 THIS HEAT、 The Stooges、 テーム・インパラ、The Beatles, Canといったアーティスト達だ。それぞれの時代に影響を及ぼし、新しい空気・アンビエンスをもたらした”音”。それらのインスピレーションをロック・バンド、しかもデュオのフォームに落とし込みか、新しいモードを獲得したKlan Aileen。テクノ創世記の刺激とロックバンドのダイナミズムを融合した、ミニマルでラウドなアンビエンスは、Klan Aileenが到達した新たな世界。2018年でしかない、今の音が鳴らされている。

今作は2017年の5月から本格的にレコーディングが開始された。何度もセッション、プリプロダクション、レコーディングと、2人はスタジオでの苦行とも言える膨大な時間を過ごし、ようやく2018年2月に完成に辿り着いた。作詞作曲は松山亮。リズム的なアプローチをハンドルするのは竹山隆大。全曲セルフ・プロデュースによりまとめ上げられた。プリミティヴなメロディ、意味と音が絶妙なバランスで配置された歌詞、サウンドエフェクトを駆使した強靭なギターによるアンビエンス、モノクロームで深みを湛えたリズム・アプローチ、レンジの広さを感じさせる松山の歌・声。Klan Aileenが摘み取った様々なインスピレーションから組み上げられた, 2018年のサウンドプロダクションがここにある。