BO NINGEN + 空間現代 LIVE IN TOKYO 2019

新作アルバムのリリースも噂されるBO NINGEN、そして坂本龍一とのコラボレーションで話題の空間現代の2バンドによる、インスピレーション溢れる2マン・イベント決定!!
世界中で話題の2組が挑む2019年の音像を体感する唯一無二の音楽アート・イベントが東京で開催。

1月15日(火) 渋谷WWW
OPEN 19:00 / START 19:30
前売¥3,500 All Standing ドリンク代別
お問い合わせ ☎03-3444-6751(SMASH) www.smash-jpn.com
ぴあ(P:136-853)ローソン(L:72602)、e+ (プレ: 11/26 12:00 – 12/2 23:59)
各プレイガイドで12/8より一般発売スタート
*小学生以上は要チケット。未就学児童のご入場不可

企画/制作:BO NINGEN / MAGNIPH 制作協力:SMASH CORPORATION

出演アーティスト・プロフィール

BO NINGEN

数々のトップ・アーティスト達が自身のツアーへ参加を熱望し、McQ by Alexander McQueen AW16キャンペーンやユルゲン・テラーの作品にアイコンとしてフィーチャーされ、グラストンベリー、コーチェラ、フジロックなど世界各地のフェスティヴァルへもラインナップされる、クロスオーバー化する現代のアート/ミュージック・シーンの象徴=アイコン、BO NINGEN。プライマル・スクリーム、スーパー・ファーリー・アニマルズ、カサビアン、TV・オン・ザ・レディオ、ザ・フォール、サヴェージズなど世代、ジャンルを超えたアーティストからも支持を集め、アイコニックなそのスタイルをさらに凌駕する圧倒的なライヴ・パフォーマンスで英国でも指折りのライヴ・アクトとして評価を確立している。

http://boningen.info


空間現代

2006年、野口順哉(Gt/Vo), 古谷野慶輔(Ba), 山田英晶(Dr)の3人によって結成。編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲をスリーピースバンドの形態で演奏。これによるねじれ、負荷がもたらすユーモラスかつストイックなライヴ・パフォーマンスを特徴とする。
2016年9月、活動の場を東京から京都に移し、自身の制作および公演の拠点としてライブハウス「外」を左京区・錦林車庫前に開場。新たな試みとして、60分のライヴ作品の制作を開始。2016年発表「擦過」、2017年発表「オルガン」。
地点、Moe and ghosts, 飴屋法水、吉増剛造、contact Gonzoなど、先鋭的なアーティスト達とのジャンルを超えた作品制作も積極的に行う。

http://kukangendai.com/