* Grimm GrimmがStereolabのLaetitia SadierをVoにフィーチャーしたニュー・シングル”The Ghost Of Madam Legros”を11月8日に配信リリース!
* 最新曲”The Ghost Of Madam Legros”を収録した3rdアルバム”Ginormous”を2020年2月28日にMAGNIPHよりリリース決定!
* 12月には東京、大阪、名古屋での来日公演も発表!!

ロンドン在住の邦人シンガーソングライターであるGrimm Grimmが、ステレオラブのレティシア・サディエールをヴォーカルに迎えた最新シングル”The Ghost Of Madam Legros”を11月8日にワールドワイドで配信リリースした。
今夏から秋にかけて、Greenman Fest, Le Guess Who?, Sonic City Festivalなど多くの人気大型フェスティヴァルへの出演も決定し、11月からは英マーキュリー賞にもノミネートされたCate Le Bonとのヨーロッパツアーを行うなど、UK/ヨーロッパの多くの音楽ファン達を喜ばせる話題となっている。

またこのシングル・リースに合わせ、来年2月28日に自身3枚目となるフル・アルバム”Ginormous/ジャイノーマス”をリリースも発表された。本作”Ginormous/ジャイノーマス”はロンドンで制作され、ミックスはThe XX、Frank Ocean、Bjorkなどを手掛ける気鋭の音楽プロデューサー、Marta Salogniを起用。マスタリングは数々の名盤を仕上げてきた現代最高峰のマスタリング・エンジニア、Matt Coltonが担当しており、そのアコースティックでオーガニック、そしてリッチな中音域が形造る素晴らしい音像は絶品。色彩感豊かでリッチな、至極のサウンドで描かれたGrimm Grimmの音楽世界”Ginormous”。遂にたどり着いたGrimm Grimmの代表作と言える作品に仕上がっている。

そしてその活動の枠を大きく広がっている中、12月には来日公演が決定!東京、大阪、名古屋で行われる各公演に、それぞれSpecial Guestを迎え、この新作アルバムからの新曲も披露する予定。
世界に先駆けての”The Ghost Of Madam Legros” Japan tour 2019にぜひご注目ください。

アルバム、来日公演詳細は以下の通り

2020年2月28日発売予定
タイトル:“Ginormous” ジャイノーマス
アーティスト:Grimm Grimm /グリム・グリム
フォーマット:配信/LP/CD
LP: MGNF-1046 (予価3000円+税) /日本盤限定仕様
( 製造進行の都合によりLPの発売が遅れる可能性があります。予めご承知おきください。)
CD: MGNF-1047 (予価2000円+税)

< 収録曲 >
1, Ginormous
2, In A Glass Jar
3, Kyowa Amenohidesu
4, The Ghost Of Madam Legros (feat Laetitia Sadier from Stereolab)
5, Something In Your Way
6, We’ve Never Been This Far Before
7, We Will Meet Again, The Cleaner Said
8, Death And Scenery
9, Hey Graeme Pass Me The Rotten Gun
10, Spomenik
11, Oh Omen

Mixed and co-produced by Marta Salogni at Studio Zona in London

All songs written, recorded, produced by Koichi Yamanoha
Except Drums on T1, T3, T4, T5, T8, T10, T11 recorded by Kristian Craig Robinson at Total Refreshment Centre in London
T3 written by Tetsuro Kashibuchi

Mastered by Matt Colton at Metropolis Studios in London.

Koichi Yamanoha on Vocals, Guitar, Bass, Synth, Drum Machine

Guest Musicians:
Agathe Max on Violin (T8, T10)
Drew Morgan on Cello (T8, T10)
Dee Sada on Voice (T10)
Laetitia Sadier on Vocals (T4)
Monna Akihide on Drums (T1)
Paz Maddio on Vocals
Backing Vocals (T1, 2, 5, 6, 8)
Pete Baker on Drums (T3, 4, 8, 10, 11) on Trumpet (T3) on Conga (T5)
Sophie Lowe on Clarinet (T11)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Grimm Grimm “The Ghost Of Madam Legros” Japan Tour 2019
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

12月9日(月曜日) 名古屋 今池 Huck Finn
Open 19:00 / Start 19:30
出演 : Grimm Grimm / Kohei Matsuda (from BO NINGEN) & more
前売り 3000円(別途1 drink)
チケット情報;e+ / 会場予約/ レーベル&バンド予約 https://magniph.stores.jp/
問い合わせ先;Huck Finn http://huckfinn.co.jp/

12月10日(火曜日) 大阪 心斎橋 CONPASS
Open 19:00 / Start 19:30
出演:Grimm Grimm / Kohhei Matsuda (from BO NINGEN) & more
前売り 3000円(別途1 drink)
チケット情報;ぴあ / 会場予約/ レーベル&バンド予約 https://magniph.stores.jp/
問い合わせ先:CONPASS https://www.conpass.jp/

12月17日(火曜日) 東京 下北沢 THREE
Open 18:30 / Start 19:00
出演;Grimm Grimm + Special Guests
前売り 3000円(別途1 drink)
17/18日東京公演の通し券 4500円(別途 各日1 drink)
チケット情報:e+ / 会場予約 / レーベル&バンド予約 https://magniph.stores.jp/
問い合わせ先;THREE https://www.toos.co.jp/3/

12月18日(水曜日)東京 下北沢 THREE
Open 18:30 / Start 19:00
出演;Grimm Grimm + Special Guests
前売り 3000円(別途1 drink)
17/18日東京公演の通し券 4500円(別途 各日1 drink)
チケット情報:e+ / 会場予約 / レーベル&バンド予約 https://magniph.stores.jp/
問い合わせ先;THREE https://www.toos.co.jp/3/

~~~~~~~~~~~~~
Grimm Grimm Biography
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ロンドン在住の邦人シンガーソングライター、Koichi Yamanohaによるエクスぺリメンタル・ポップ・プロジェクト。
2013年頃からイギリス、ヨーロッパを中心に精力的に活動を開始。賛美歌を思わせるメロディを主体とするパワーポップ的な要素が、SF的な散文詩、囁く様な歌唱法、ミニマル・エレクトロ/アコースティック・サウンドとが融合することで生まれる楽曲の世界観が話題を呼び、2014年にMy Bloody ValentineのKevin Shields等が設立した から7inchシングルをリリース。翌年にはデビュー・アルバム『Hazy Eyes Maybe』を英国の伝説的フェス、オール・トゥモローズ・パーティーが運営するからリリース。各英国メディアから高評価を得る。2016年夏にはアーロン・ブルックナー、ジム・ジャームッシュが監督し、 ビート作家ウィリアム・S・バロウズ等が出演するドキュメンタリー映画「Uncle Howard」(原題)のサウンドトラックに楽曲を提供。2018年6月には2ndアルバム『Cliffhanger』をワールドワイド・リリース。リトアニアのテルミン奏者Clara Rockmoreや、Delia Derbyshireを彷彿とさせるミニマルであり、古の建造物を思わせるようなインスピレーション溢れる音像が話題となる。また同年には女優の中村アンが出演する のテレビCMに楽曲が起用されるなど、幅広い活動を展開。
2019年6月にはロンドンやNYで大きな注目を浴びるフリークアウト・R&Bの異端、Klein と日本アンダーグラウンド・ヒップホップ界の黒幕、Killer-Bongによるリミックス7inchシングル”Kazega Fuitara Sayonara / Good Bye When The Wind Blow”を、日野浩志郎(goat, YPY)主宰のレーベル、からリリース。 また近年UKのべスト・フェスティバルと称される音楽祭、GreenMan Festival 2019 やヨーロッパで屈指のキュレーションで高い評価を得ているオランダのLe Guess Who?、そして旬のアーティストによるキュレーションで人気にベルギーで行われるSonic City Festival等のヨーロッパで高い人気を誇るオルタナティブ・フェスに続々と出演。同年11月には、英国マーキューリー賞にノミネートされ、またPitchforkでもBest New Musicに選出されるなど、今英米で大注目のアーティスト、Cate Le Bonとの 2マン・UK/ヨーロッパ・ツアーも果たしている。
今回3作目となる新アルバム『Ginormous』は、Stereolabの活躍で知られる女性ヴォーカリストのLaetitia Sadier等をゲストに、Björk, The XX, Frank Oceanら多数のアーティストを手掛ける新進気鋭の女性プロデューサー、Marta Salogniを迎えての新境地となる。マスタリングはElliott Smith等、多くの名盤を手がけたことで知られるマスタリング・エンジニアのMatt Colton。
絵画における遠近法をサウンドに投影したような「Kyowa Amenohidesu」、旧ユーゴスラビア諸国に点在する巨大建築物への賛歌、「Spomenik」、18世紀のフランス革命の引き金となった無名の女性、ルグロ夫人を称えるフェミニスト・アンセム「The Ghost of Madame Legros」等、より研ぎ澄まされた普遍性と実験的な要素が絶妙に混ざり合った全11曲。全ての面で大きくスケール・アップを果たした飛躍作となった。